オンデマンドウェビナー

Kubernetesベースの アプリケーションのバックアップガイド

Kubernetesをベースとしたコンテナアプリケーションは、一般的なプロジェクトとなってきました。企業の90%はコンテナ化されたアプリケーションを本番環境で実行しています。* * Kubernetes ベースのコンテナ化されたアプリケーションは、ステートレスですが、その基礎となるボリュームは組織にとって重要であり、他のミッションクリティカルなデータを保護する方法と同様に保護する必要があります。

本ウェビナーでは以下のテーマをお話します。

  • Kubernetesベースのコンテナアプリケーションに関して、多発している誤解を解消
  • 企業がKubernetesネームスペースと基盤となるパーシステント ボリュームをデータの損失、エラー、破損から保護する理由を説明
  • 従来のデータソースと最新のデータソースの両方を単一のソフトウェア定義のバックアップソリューションで保護することにより、運用を簡素化する方法を示します。

講師:
方 焕杰 (ほう かんけ) システムエンジニア Cohesity Japan 株式会社

* * PortworxおよびAqua Securityが実施した2019 Container Adoption 調査資料

オンデマンドウェビナーに登録する